地番と住居表示は全くの別物!?




今回は地番と住居表示の違いについて、説明していきます。

もくじはこちら↓

住居表示ってなに?

住居表示とは、市区町村が「建物ごとに付けた番号」です。

わかりやすい例だと、みなさんが普段使ってる「住所」の事です。

郵便が届いたり、免許証に書いてある「住所」の事を住居表示と言います。

非常に簡単ですね。笑

ちなみに付け方は、建物の出入り口の向きによって決められます。

詳しくは市区町村の役所で聞くことが可能です。

じゃあ地番ってなに?

地番とは、「土地ごとに付けられた番号」です。

不動産屋さん以外は不動産の購入・売却の時くらいしか使うことがないですね。

地番は普通の地図には載ってないことが多いので、

法務局で調べるのが一般的です。

土地や建物の情報(広さや所有者)が記載されている

登記簿謄本には地番が記載されます。

まとめ

住居表示は建物からつけられた住所で、

地番は土地からつけられた住所です。

一般的に使われるている住所の事を住居表示と言います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です